<フットワークについて その2>

初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
いつも読んで下さって、ありがとうございます!


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今号のテーマ <フットワークについて その2>
○─────────────────────────────────○

今回も、前回に引き続きフットワークについてのお話です。


フットワークというと、どうしても大きく動くための
足の動かし方の方に意識が行ってしまいますが、
実は大事なこと(かつ忘れがちになること)が2つあります。


1つは、細かい足の動かし方です。


例えば、バッククロスのワンコースで相手のショートを
連続してフォアハンドで打つ「ショート打ち」の練習では、
つい足を止めて上体や腕だけで打ってしまいがちです。


でもその時に小刻みに足を動かして、数センチのズレもないように
自分のポイント(最適打球点)でボールを捉える様にするのです。


この訓練は、ボールを見る精度や、あなた自身の卓球の精度を
上げる効果が期待できます。


この練習を何千回、何万回と続けていると、同じワンコースでも
1球として同じボール、同じ(自分の)打球がないことに気付きます。


ラケットのどこにボールが当たったのか、
自打球は相手のコートのどこに入ったのか、


それくらいまで意識できるようになると、
もの凄く精度の高い(質の高い)練習になって行きます。


何故ミスをしたのか、というミスの原因が分ったりします。
原因が分れば後は補正するだけですから、だんだんノーミスになってきます。


たかだか、ショート打ちなのに!と小馬鹿にしないで(笑)、
そこまで突っ込んだ練習をしてみてはいかがでしょうか。


そういう練習の土台となるのが、小刻みに足を動かすフットワークなのです。


ショート打ちに限らず、決まったコースで練習する時に
つい忘れがちになるので、是非意識してやって欲しいことの1つです。(#^^#)


・・・・・

もう1つは、腰を安定させることです。


大きく前後左右に身体を動かすことだけを意識すると、
スキップをするときの様に、上体まで上下左右に揺れてしまいがちです。


これは卓球には非常に良くありません。


上体が揺れるということは頭の位置が揺れるということです。
頭の位置が揺れるとしっかりとボールを目で追うことが難しくなります。


まるで地震が起きている中で、ボールを追いかけようとしている状態です。


卓球では相手の打球を目で追いながら、身体を移動させることになるので、
これではいけません。ボールが正確に捉えられないからです。


動いた後に打球と言う動作が入る卓球というスポーツでは、
相手の打ったボールを正確に捉えることが重要なのです。


ただ動くだけではダメだということです。


正確にボールを捉えるためには、頭の位置を安定させること、
つまり腰の位置を安定させることが重要になってきます。


腰を安定させ、下半身と上半身を分業させるイメージで、
下半身は動くことに、上半身はリラックスさせて次の
打球に備えることに集中させます。


動いた後はしっかりした体勢で打球をすべきです。


誤解を恐れず敢えて言うなら、かかとを床にべったり着けて
足腰をしっかり安定させた状態でボールを打つのです。


体重移動を忘れずに打ち、打ち終わったら次の打球に向けて
またフットワークを使って移動します。


この繰り返しが卓球だと捉えると、フットワークはすべての
打法の基礎になると言えるのではないでしょうか。(^^)v


2016.03.29 09:17 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP 次の記事へ>>
<<2016年03月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント