<サーブの注意点のおさらい>

初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
いつも読んで下さって、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今号のテーマ <サーブの注意点のおさらい>
○─────────────────────────────────○

ここ数回サーブシリーズを続けてきましたが、今号で一応終わりです。


そこで、今回はサーブの注意点のおさらいをします。


サーブを出すときは、以下の点に注意しましょう。


・サーブを出すときは「オープンハンド」
掌のたなどころにボールを載せる。


・サーブを出す前に必ず、モーションを止める。
心の中で5秒ほど数えるくらいでちょうどいい。


・この時、エンドラインより外側にボールがあること。
またこれ以降は台の下にボールが隠れてはならない。


・ボールは垂直に16cm以上投げ上げ、ボールが頂点を過ぎて
落ちてくる所を打球する。16cmとはネットの高さとほぼ同じである。


・フリーハンドで打球点を隠してはいけない。


・・・・・

こうやって、書きならべてみてもルールブックに書いてあるようなこと
ばかりですね。(^^;;


でも意外に守られていないのが現状です。


先日、中部日本選手権の本戦に出て来ましたが、県を代表して出てくる
選手の中にも、守っていない選手が散見されました。


特にサーブを出す前にモーションを止めることが出来ていないですね。


私は40代の部に参加したのですが、年を取るとせっかちになるのか
待っていられない。サーブの構えに入った途端すぐ出しちゃう。(笑)


60代の部に出場した同僚も、審判の時に垂直に上げていない選手に対して
注意したら「悪い、悪い!県予選でも同じこと言われましてン!」(笑)


「分ってるなら、直せ!」とツッコミを入れたくなる様な話でした。(笑)


しかし笑い話では済まされません。ちゃんとしたルールなのです。


将来を担う子供達も観ているかも知れませんし、大人は模範にならないと
いけませんね。


そういう私もトスが低い、と指摘されたことがあります。
しかし、一旦覚えた癖は、その場ではなかなか治りません。
分っていても、出来ないのです。(^^;;


その後の試合は、全部サーブが長くなってしまったのをよく覚えています。


ですから、普段からお互いにチェックしあうなど「責め心ない厳しさ」で
指摘し合うのがいいと思います。


自分は完璧だなどとくれぐれも思わず、
謙虚な気持ちで自分を振り返りたいものですね。(^^;;

2015.06.30 07:30 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP 次の記事へ>>
<<2015年06月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント