<カットマンの上達の過程>

 初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
 いつも読んで下さって、ありがとうございます!


 では、さっそく今日の本題に参りましょう!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  今号のテーマ <カットマン上達の過程>
○─────────────────────────────────○

 前号の同じ読者さんから、こんな質問も頂きました。

 (質問)
 「ランダムにボールが来るとカットをうまくできません。
  何かいい方法はありませんか」


 (回答)
 お問合せ、ありがとうございます。
 e3-pingpong のOBUです。


 ランダムにボールが飛んで来ると、カットマンとしては大変苦しいです。
 苦しいけれども、これをある程度返せるようにならないとカットマンとして
 試合で勝てないのも事実です。


 ポイントは、
  ・1球1球のカットを完全にやる
  ・戻りを早くして打球後、基本姿勢に戻る
  ・リズムをとる
  ・カットを低く深く入れることを意識する
  ・自分のカットから相手の次の打球を予測する
 です。


 まず、次に打たれたらどうしよう?という不安な気持ちから
 1球1球のカットがおろそかになりがちです。


 基本に忠実にボールをよく引き付け、体重移動を行ない、
 きちんと振り切ることです。


 そして、打球した後はフォロースルーは最小限に留めて
 すぐに基本姿勢に戻ることです。


 高島規郎さんや松下浩二さん、渋谷浩さんのカットを
 ご覧になったことはありますか?


 膝でリズムを取り、

 基本姿勢⇒バックスイング⇒打球⇒フォロースルー⇒基本姿勢に戻る

 この一連の流れが非常にスムーズです。


 しかし、カットが浅いと次に相手に打たれる球が浅く入ったり、
 強打される可能性があるので、カットを深く入れることが重要です。


 深く入れると、次の球も深いボールが返って来る確率が上がるので
 カットで待ち易いわけです。


 自分のカットが今どれくらいの深さで入ったかを意識する必要もあります。
 どこのコースに入れたかも重要です。


 それにより、次のボールが予測しやすくなります。
 相手のバックスイング、身体の使い方から、次球を予測します。


 次に飛んでくるボールが予め予測できれば、
 ますますカットし易くなるわけです。


 それでも予測が外れる時もあります。
 そんな時は、態勢を崩しながらも何とか返球します。


 身体全体でリズムを取っていると、難しいボールも拾うことが出来る
 ものです。


 相手に攻め込まれますが、1球でも多く粘ります。
 甘いボールをつないできたら五分のラリーに戻せるので、
 簡単にあきらめてはいけません。


 以上色々書いてきましたが、1つ1つは独立しているものではなく、
 それぞれ関連しているものなのです。 ← ココがとても重要!


 ですから「全体的に」勘所(かんどころ)を掴む必要があります。


 1つ1つのポイントを意識しつつ練習していると、
 ある時に「良いカット」が入るようになります。


 実はこの瞬間が大切で、練習を繰り返す中で、この瞬間の頻度を
 増やしてやることが重要です。


 あきらめず、何度も何度もやることです。


 カットマンが大成するのは、長い時間がかかります。


 是非、未来のプレーを夢見て練習に励んでもらいたいです。
 頑張ってくださいね。




 ・・・・・

 私も中高生のカットマンを指導することがあるのですが、
 一番大切なことは「全体感」だと言っています。


 「全体感」というのは私の造語ですが、全体的なカットのイメージの
 ことを指します。身体の使い方も含まれます。


 上手なカットの見本を見せて、まずは自分なりのイメージを掴ませます。
 その上で個々の細かい技術を修正していきます。


 細かい技術だけいくらいじっても、全体感は良くなりません。



2013.11.02 10:00 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP
<<2013年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント