<常にラブオール>

 初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
 いつも読んで下さって、ありがとうございます!

 ご無沙汰しちゃってスミマセン!(^^;;

 では、さっそく今日の本題に参りましょう!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  今号のテーマ <常にラブオール>
○─────────────────────────────────○

 4月に入りました。新年度がスタートがしましたね。
 新しい環境に慣れるのに一苦労しますが、ワクワクする時期でもあります。


 3月は卒業シーズンや人事異動で別れの季節でもあり、
 皆さん万感の思いで過ごされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。


 私の所属する静岡市卓球協会も、平成24年度の試合はすべて終了し、
 平成25年度の試合日程も決まりました。協会のホームページへのアップ
 作業も完了しました。やれやれです。(^^;
  http://www.shizu-city-tta.com/result/


 あとは、会計報告や各種清算をして、総会を開いて全日程終了です。


 と同時に平成25年度の登録や試合が並行して始まります。


 終わると同時に次が始まるのでス。




 ・・・・・

 私は、良い時も悪い時も、常々ラブオールだな、と思うようにしています。


 マッチポイントを握った時に、ああこれで勝利がきたなと思うと、
 途端に相手に追い上げられてジュースになることがよくあります。
 私も若い時にイヤな経験があります。(苦笑)


 逆にマッチポイントを握られても、次の一球は全く関係がないはずで、
 そんな時こそ丁寧にかつ思い切ってやるべきなンですね。


 結果的に、そのゲームや試合は落としてしまうかもしれないけれども、
 その1本をみすみす捨てる必要はないということです。
 どうせなら「次につなげる」一本にしたいですしね。  ← 重要!


 ゲームの中盤でもそう。


 何でラブオールの時の新鮮で真っ白な気持ちになれないのでしょうかね?


 多分、いろいろ情報が集まってきていて、余計なことを考えてしまうから
 でしょうね。それらの情報を踏まえて作戦を考えることは大切だけど、
 気持ちまで揺れる必要は全くないのでス。(^^;


 むしろ、淡々と試合を進める、くらいの気持ちがいいのかも知れません。
 もちろん闘志も燃やしながらですが、ネ!(^^)


 だから「常にラブオール」なんです。いつも「一から始める」のでス。


 取っても、取られても、次の1球。

 取っても、落としても、次のゲーム。

 勝っても、負けても、次の試合。

 良い成績でも、悪い成績でも、次の大会。

 卒業しても、次の環境で、一から卓球。

 年をとって若い時の様なプレーが出来なくなっても、今できる自分の卓球。


 重要なのは「今」に集中することだと思うのでス。(^^)v


 毎日、毎日、毎年、毎年繰り返していくと、後で振り返った時に
 大きな大きな「自分の卓球」が出来ているのだと思います。


 だからと言って、しょっちゅう振り返る必要な全くありません。
 むしろ振り返るのは最後の一瞬だけでいいくらいです。


 そんなことより、少しでも前へ。




 ・・・・・

 さあ、平成25度が始まりましたよ!

 あなたは、今年、どんな卓球をしますか? どんな一年にしますか?






 ご意見・ご感想はこちらまで。  info@e3-pingpong.com

2013.04.03 05:33 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP
<<2013年04月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント