<結果を出すことの大切さ>(2009/11/30)

読者の皆さんの中には、試合に出場している人も、そうでない人もいると思います。

今日は一度でも試合に出たことのある人に向けて書きますネ。(^^)

そんな、あなたに質問です。

試合に出場するときに、何か目標を決めて臨んでいますか?

どんな目標でもいいンです。

例えば、
1.とにかくベスト8に入るゾ。(大会の組合せが分かっている場合)
2.必ず初戦突破するゾ。
3.最低1セットは取るゾ。(強い選手と対戦することが分かっている時)
4.練習したあの技を3本は使うゾ。(例えば必殺サーブとか)
5.このセットで絶対決めるゾ。(2-1で迎える4セット目とか)
とか、です。

なるべく前向きな目標がいいですね。
後ろ向きな目標からは、モチベーションが上がりませんよ!

例えば、
「ダブルスのパートナーの足を引っ張らない」
「(団体戦の)チームのメンバーに迷惑を掛けない」
「サーブミスをしない」
とか、です。

一見良い目標に映るのですが、うーんそうかな?って感じがします。(^^;

だって、どんなに頑張ったってミスするときはミスするし、
一生懸命やったって負けるときは負けます。

その辺は、一流選手だって同じだと思うンです。 → うん。

だから「~をしない」という後ろ向きな目標は止めましょう。 ×です!


目標立てる時は、大会全体を通じたものでもいいですし、目の前の試合に対して立てるのでもOKでス。

この相手に対して、この様に戦うゾ。最低2セットをなんとか取って、
最終セットにもつれ込んでやる。そのためには、こーしてあーして。。。

目標を立てることによって、どんどん「具体化」していくことが大切です。

ファイトプラン(戦闘プラン)って言うのですけど、
戦う前にイメージを膨らますワケです。    ← 重要!

あ、悪いイメージを膨らませても意味ないですからネ! (笑)

「これは敵わない、絶対負けるとか」 → 爆


繰り返しになりますが「~をする」の方が前向きでいいですね。〇です。

それが具体的で達成したかどうか分かるものであれば尚良いです。◎です。


//-------------------------/
OBU’S EYE ★彡
/-------------------------//     シャキーン! ← 効果音
ただ、目標にこだわり過ぎてもイケマセン。

そんなことよりも目の前の相手、この1本に集中するのでス! ← 重要!

結果は、後からついてきますから、ネ。 (^-^)v


・・・・・
手前ミソですが、桃太郎(長男、中1)が大会でベスト8入りしました。

桃太郎には年の初め頃から、どんな大会でも良いのでベスト8に入れ、と
言い続けてきました。

私はすっかり忘れていたのですが、桃太郎の方がそのことを覚えていて、
「父さんの言っていた目標を達成したよ」
と言われました。

多分、彼は現在、達成感で気持ちが充実していることと思います。


どんな大会でもいいので結果を出す(目標をクリアする)こと。

とっても大切です。

やる気も出るし、今後の展開が大きく変わってくると思うのでス。(^-^)d

いいんでスってば。それが市内大会(それも1年の部)であっても! (^^;

 

 

 

 

2010.09.01 00:00 | Comments(3) | Trackback(0)


TOP
<<2010年09月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント