<卓球の上達に必要な要素>(2005/12/08)

今日は、OBUが思わず感心してしまった人を紹介します。

ペンネーム、Kesera(ケセラ)さんです。
10月の終わりから、何回かお便りを頂きました。

メールのやり取りを、載せますね。本人の了承も得ていますし。(^^;


・・・・・   ここから

> 嬉しくてメールしました。
> 私は58才の主婦です。
> 三ヶ月位前からこのメールを見ていましたが、
> 動画の申し込みが別に必要なことを知りませんでした。
>
> 早速きょうの”突き”をやってみました。
> 日中は2~30回程度しか続きませんでしたが、
> きょう最後の練習と、軽い気持ちでやってみましたら、
> いま何と1020回続いてしまいました。
> 勿論片面だけですけどね。
> 明日からも次々チャレンジします。
>
> 今年の4月から卓球を始め、
> 先日、クラブでのラリーが668回続きました。
> 少しづつ出来るようになるのが分かり、
> 楽しくてたまりません。
>
> 30日間、毎日楽しみです。
> これからもどうぞよろしくお願いします。

はじめまして。静岡のOBUです。
お便り、ありがとうございます。

30日間練習プログラムをお読み頂き、ありがとうございます。

> 早速きょうの”突き”をやってみました。
> 日中は2~30回程度しか続きませんでしたが、
> きょう最後の練習と、軽い気持ちでやってみましたら、
> いま何と1020回続いてしまいました。
> 勿論片面だけですけどね。
> 明日からも次々チャレンジします。

す、すごい!
1000回以上、続いたというお便りは初めてです。

是非、記録更新を狙って、明日からもチャレンジし続けて欲しいです。
毎日やる、沢山やる、これが大事です。


> 今年の4月から卓球を始め、
> 先日、クラブでのラリーが668回続きました。
> 少しづつ出来るようになるのが分かり、
> 楽しくてたまりません。

はい!その調子です!!

ラリーが続くと、色々なことが分かってきますよね!

ボール突きが1000回以上出来て、ラリーも続けられるのは、
集中力と根気がある証拠です。

卓球の上達に必要な要素を、卓球を始めて1年目の主婦のあなたが持っているのです。
すごく素質があります。

時間を上手にやりくりして、卓球に集中できる時間を
徐々に増やして行って欲しいと思います。

指導者や練習相手などの環境面さえ整っていれば、
急激に上手になる可能性を持っていますよ!


> 30日間、毎日楽しみです。
> これからもどうぞよろしくお願いします。

30日間練習プログラムがお役に立てれば、これほど嬉しいことはありません。

是非、参考にしてください。
あなたのこれからの卓球ライフのスタートとして、上手に利用して欲しいと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。


> Subject: 報告
>
> keseraです。
> ”突き”ですが、1日目は、1020回
>         2日目は、1315回
>    そして今日3日目は、2186回でした。
>
> 30センチ弱位の高さで、時々倍くらい高くし、
> 歌を唄いながらしています。
> 結構安定しているので、
> 「いつまで続くのだろう」なんて思いながら突いています。
> 短時間に出来るので、毎日1000回位続けてみま~す。
>


kesera さん

OBUです。お便りありがとうございます。

いや、スゴイです。
1000回以上を3日連続なんて!

初心者では、なかなか出来ないことですよ。


> 30センチ弱位の高さで、時々倍くらい高くし、
> 歌を唄いながらしています。

この気楽さが、またGOODです! (^-^)d

無理なく長く続けてくださいね。

これがkeseraさんの卓球の土台になるはずですので。

では!(^-^)/


・・・・・   ここまで



卓球を始めて1年未満の人で、ボール突きが1000回以上出来るなんて
OBUは聞いたことがありませんでした。しかも58歳の主婦の方ですし。
又、初心者の方でラリーが668回も続いたというのも初耳です。

ですから、単純に、とてもオドロキました。(^^;

でも、OBUは思うのです。

多分Keseraさんって、実際にお会いしてみたら、
卓球の天才(?)ではなくて、普通の人なんだろうなーってネ。

もし人より優れているところと言えば、集中力と根気だと思います。
そうでなければ、ボール突きが1000回も続かないですし、
続けようともしないでしょう。

鼻歌混じりの気楽さでやったとしても、Keseraさんは、
きっとボールから目を離さなかったハズです。 ← 重要!


集中力と根気。

この2つは、別に「持って生まれた才能」とかいう類ではないと思います。

ですから、あなたにだって、きっと ・・・・!



   シャキーン!(←効果音)
//-------------------/
   OBU’S EYE ★彡
/-------------------//       
ボール突きが1000回以上続けることが出来ることと、
ラリーが600回以上続くこと。

これは無関係ではありません。

メールの中でも書いたように、ボール突きは、卓球を形成する上での土台になります。

ボール突きが、沢山出来るようになったからと言って、
必ずしも卓球が上達するワケではありません。

しかし、この練習で感覚を養った上で、実際のボールを打つ練習をやると
大変効果が高い
のです。

ボール突きと共に、壁打ちも同じ効果が期待できます。

   ・ラケットのどこにボールが当たるのか。また当てるのか。
   ・どの方向にどれ位の角度と押しで打つと、思う様にボールが飛ぶのか。

この感覚を「養う」のです。短時間でも良いので、毎日です。

ちょっとサボってたなーって反省している、そこのあなた!
今日からまた始めましょうネ。(笑)

小学生の時につけた日記みたいなモンです。
思い出したら、またそこから始めれば良いのでス。

ま、気を楽に持ちましょう。(^-^)v


では、今号のまとめです。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆
  1.卓球の上達に必要な要素として、集中力と根気が挙げられる。
  2.これは特に才能と呼ぶほど大袈裟なものではない。(と私は思う)
  3.ならば、誰にでも卓球上達に必要な要素が備わっているのではないか。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆


2010.06.17 00:00 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP
<<2010年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント