<北京オリンピックの準決勝>(2008/08/31)

柔道の谷亮子選手。準決勝は、見ている私がクヤシカッタです。(>_<)

私には、柔道で負けたのではなく、時間に負けた感じに見えました。
技の掛け合いになっていたら、きっと谷選手の方が上だったのでは?

試合中盤で、谷選手のみに出た「警告」。

「えー、そりゃぁないだろう!」って、TVに思わず言っちゃいました。
だって、相手がまともに組ませてくれないンだもん。

もしかしたら、谷選手も似たような気持ちだったかも知れません。

しかし、それを含めて柔道なのかも知れませんねぇ ・・・・・。
時間制限とか、審判の判断とか。

ま、素人の私が言うのもナンですが。 (^^;

3位決定戦で気持ちを入れ替えて見事な一本勝ち。さすがはヤワラちゃんです。 (^o^)/


女子ソフトボール。印象に残ったのはやはり「準決勝」。

そうです、延長12回サヨナラ勝ちのオーストラリア戦です!

直前のアメリカ戦と合わせて318球も投げぬいたエース上野投手。
よく投げきりましたよね!身体と精神の疲労もあったはずなのに。

ソフトボールって延長になると、無死二塁から始まるのですね。
知りませんでした。

「おかしいぞ、間違ってるゾ!なんで二塁に走者がおるねン!!」

またしてもTVに言ってしまいました。 (^^;

間違っているのは、私でした。(爆)

タイブレークって言うルールらしいです。知らなかったなぁ。ポリポリ。

11回表に1点入れられた時は「もうダメか?」と思われました。
でもそこから同点に追いつき、さらに12回裏に逆転サヨナラ。

いやー、ドラマでした。


//-------------------/
   OBU’S EYE ★彡
/-------------------//      ← お待たせ! ( ̄ー ̄) ニヤリッ
もちろん、卓球にもありますよ!

男子団体準決勝、ドイツ戦です。

ラストの岸川選手対ティモボル選手の試合。これは印象に残りました!

ボル選手はシェーク左利きのドライブマンで世界ランク1位になったことも
ある実力者です。

一方、岸川選手はシェーク右利きのドライブマン。オリンピックを見据え、
得意のバックハンドに加えてフォアハンドにも磨きをかけたとはアナウンサーの弁。

試合前の練習。ボル選手のフォアスイングの速いこと、速いこと。

岸川選手のバックブロックに対してドライブを掛けるのですが、
上腕から先が、み、見えない ・・・・・。  (ちょっと大げさ 笑)

世界ランクから見ても、実力差は明白。

岸川選手に頑張って欲しいと思いつつ、内心は
  「ストレートで負けちゃうかなー」
って思っていました。

ところが、ギッチョンチョン!   ← 出た!(笑)

ボル選手の変化サービスも、岸川選手は巧に返球するし、
ラリー戦も決して劣っていないじゃあーりませんか!!

   「おぉー、頑張れ!岸川ぁ~!!」

またしてもTVに向かって叫んでいました。しかも知人宅で。 ← 爆

バックハンドでストレートに送っていたのが、私には有効に見えましたネ!

ボル選手(左利き)は、自分のフォアへ来るのをいつも警戒しながら
バックを振るので、バックが不安定になっていました。

ですので、ボル選手らしからぬ、バックのミスが多く出ていました。

伝家の宝刀は、抜くぞ抜くぞと見せかけて抜かないのが有効だとか。

うーむ、岸川選手、まさに伝家の宝刀の使い方だ!

圧巻だったのが4セット目。

岸川選手は、今まで有効だったバックハンドではなく、一転してフォアハンドで攻めました。

これにはボル選手も面喰った様です。

中盤に、岸川選手が連続してフォアハンドで得点しました。
台を離れてのドライブの打ち合いでも、岸川選手がポイントしました。

完全に意表を突いた形で、4セット目を岸川選手が取りました。

「いける!こりゃー、いけるゾ!!」と、私は思いましたねー。 (^^)

プレッシャーのかかった団体戦のラストでセットオール。
一般的には、後から追い上げた岸川選手の方が若干の有利です。

イケイケのはずですが、このセット間アドバイスで宮崎監督は
岸川選手にどんな作戦を告げたのでしょうか。

5セット目。

ボル選手の猛攻が始まり、出足で1-4とリードされます。

でも、ここから反撃だ、きっと挽回できる、いつもそうだったじゃないか、
私を含め応援している人はみなそう信じていたハズです。

しかし、実力差は如何ともし難く、ボル選手の勢いを止められず、5セット目は完敗でした。

やっぱ強ええや、元世界ランク1位のボル選手。

でも岸川選手、いや水谷選手も韓陽選手も本当に頑張りました。

残念ながらメダルには届かなかったけど、その姿に感動しました。


では、今号のまとめです。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆
  1.選手はみんな頑張ったオリンピック。でも結果は結果。
      そのまま、受け止めるしかない。
  2.伝家の宝刀は、抜くぞ抜くぞと見せかけるのが有効な使い方。
  3.相手の心理状態があってからこそ、戦術が成り立つ。
      大事なのは、洞察力。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

一緒にTV観戦していたキャサリン(妻)が冷静に一言。

「いい加減にTVと会話するの、止めたら?」   ← わ、悪かったナ!(爆)

 

 

 

 

 

2010.06.07 00:00 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP
<<2010年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント