自己紹介 その2

もう少し、卓球の経歴に関して詳しくお話します。

個人的な話で、少し長いのですが、私のキャラクタがよく出ているので
是非お読み下さい。 無理にとは言いませんが・・(笑)。

中学生から卓球を始めましたが、そもそも卓球を始めたきっかけは
「卓球部が楽そうだったから」です。

実際は学校で1,2を争う厳しい部活でした。
とんでも無い見込み違いでしたね(笑)。

30名入部したのですが、引退するときは8名でした。
今でもどうしてこんな私が3年間続いたのか不思議なくらいです。

厳しい部活の割には全然強くない学校でした。
選手(生徒)の立場からすれば最悪でしたね(笑)。

私はレギュラーにもなれず、ひたすらトレーニングと台出し、後輩の
指導に明け暮れる日々でした。練習環境も悪く、体育館の2階(床は
コンクリート)か、放課後の教室、渡り廊下のいずれかでした。

渡り廊下なんて風が吹いて、まともな練習なんか出来たものではあり
ませんでしたね。

そして私はとうとう両膝を痛めてしまいました。
膝の軟骨が飛び出てくるオスグット病というもので、成長期に激しい
運動をすると、この病気になるそうです。

当時は固いコンクリートの上での練習やトレーニング、膝に負担をかける
うさぎ跳びとかも平気でやっていました(やらされていました)ので、
この病気になったのだと思います。

中学生くらいの選手を指導する立場の方は、気をつけて欲しいと思います。
今でも私の両膝は骨が出ています。

ですから膝が痛くて痛くて「走る」「跳ぶ」が出来ませんでした。

中学2年の走り幅跳びの記録は1m50cmでした。
これは小学校低学年並みの記録です。助走はなんとか出来るのですが、
膝が痛くて踏み切ることが出来なかったのです。

外科の先生の話しでは「成長とともに痛みは引く」ということだったので、
「早く思い切り走れるようになりたい」と思っていました。

#私の場合、中学3年生くらいから膝の痛みが引き始め、高校入学する
#頃には完全に痛みは引きました。同病の方への参考までに。


さらに、続く ・・・・・

2010.04.19 16:30 | Comments(0) | Trackback(0)


<<前の記事へ TOP 次の記事へ>>
<<2010年04月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント