<練習の難易度>(2005/08/15)

hosomichiさんという方からメールをもらったのですが、
色々考えさせられる内容だったので、今号のテーマとして取り上げます。
(もちろん、ご本人の了承は得ています。)

メールのやり取りは以下です。頂いたメールに対して私が返信しています。

---------- ここから

静岡のOBUです。お便り有難うございました。
お返事が遅れまして、ごめんなさいね。
30日間練習プログラムを最後までお読み頂き、
有難うございました。

> いろいろ参考になりました。
> 基礎がいかに大事かがわかりました。
> 動画も面白かったです。台がずいぶん古いのね。>^_^<

はははっ!台が古いのは・・
旧い高校の卓球場の台ですからね。(^^;
時々、雨漏りもします。(笑)


> 私は卓球をはじめて、5年になる60すぎのおばさん、いやおばあちゃんかな。

イヤイヤ。
卓球に挑戦しようとする気概が、まだまだお若いと思います。(^^;


> すこしでも上達したいとあるコーチに教えてもらっています。
> そこで、お尋ねしたいのですが、このコーチは40才台の
> すっごくうまい男の人です。私以外はうまい人を教えています。
> 速いボール、よく切れたボールに慣れればそうでないボール
> は簡単だという方針で、バシバシきてすこしもとれません。
> 私はゆるいボールからはじめてダンダンとはやく、鋭く
> と思っているのですが、どうおもわれますか?
> そう言ってもそんなことはないと言われてしまいました。
> もっと自分にあったコーチを見つけたほうがいいでしょうか?

これは難しい問題ですね。

コーチの方の考えも理解できなくはないのですが、
お便りを読んだ感想としては、私は少々やり過ぎの気がしますね。

hosomichiさんが全然取れないボールを送っても仕方がないです。
決して間違いではないけれど、荒療治過ぎると言うか・・・。

私もhosomichiさんと同じ考えで、最初は緩いボールから
始めて、徐々に難しいボールにしていった方が良いと思います。

特にキャリア5年、60過ぎという年齢を考えるとそうです。
この年齢は中高年(失礼!)ですから、まずは無理なく楽しく
健康維持のために続ける、というのが基本です。

そして試合に出て、もっと勝ちたい、もっと上手くなりたいと
心から思うのであれば、難しいボールにチャレンジしていくべきです。

一度、コーチと話し合って、考えなどを伺い、お互いが
納得できないのであれば、そこで初めてコーチを変える
事を検討しても良いのではないでしょうか。

---------- ここまで


ボールの強弱の加減は、広く言えば目標設定の問題です。
私はその人の実力に応じて3段階に分かれると思います。

1.その人の実力なら楽にクリアできるレベル
2.少し頑張らないとクリアできないレベル
    逆に言えば、ちょっと頑張りさえすれば、クリアできるレベル
3.相当頑張ってもクリアが難しいレベル

練習は、1.~3.を上手くミックスさせていくべきだと思います。

1.ばかりだと調子を整えるのには良いのですが、上達は望めません。
でも気持ちが消極的になっている時などは、1.を中心にやり、
自信を回復するのも1つの手ですね。スランプの時とかに・・・ネ。

やはり、通常の練習のメインは2.となるでしょう。

こうすることで、自分の限界が伸びていきます。

「自分の限界が伸びる = 卓球が上手くなる」

ということです。

で、稀に3.を取り入れると、もっと良いです。

あまり頻繁にやると、「自分には出来ない」とかマイナスの気持ちが
働いて卓球が楽しくなくなりますが、時には荒療治を入れて、刺激を
与えてやる必要があります。

気持ちが積極的なときにやる練習ですね。
例えば、ある大会で自分が納得の行くプレーが出来て優勝したとき、
間髪を入れずに(←ここが重要)もっと上手い人と練習試合をするとか。


シャキーン!(←効果音)
//-------------------/
   OBU’S EYE ★彡
/-------------------//
hosomichiさんのコーチは、もしかして2.のレベルのつもりで、
彼女にボールを送っているのかも知れません。
それが、hosomichiさん本人には、3.のレベルの様に感じていると。

感じ方にギャップがあるのだとすると、そこが問題なのでしょう。
このような場合、やはり、一度話し合われるのが良いと思います。

コーチは自分の教え方に自信をもっている場合が多いので、
選手の側から言い出すのは、少し難しいのかも知れませんね。
逆にコーチは、選手の側の微妙な心理を分かってあげる必要が
あるのかも知れません。

信頼関係を築くのは、どうしても長い時間がかかるのだと思います。


では、今号のまとめです。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆
  1.練習の難易度には段階がある。それらをよく知り、意識して練習しよう。
  2.自分の限界が伸びることが、卓球が上手くなることである。
  3.コーチと選手は信頼関係を築いていこう。長い時間をかけて、じっくりと。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

2010.04.29 20:56 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP 次の記事へ>>
<<2010年04月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント