<吸い付く感触> | TOP | <とっておきのワザ>

<試合に飢える>

初心者卓球上達法、e3-pingpongのOBUです。
いつも読んで下さり、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
<試合に飢える>
○───────────────────○

卓球の練習をやり過ぎると、もうお腹いっぱいで
「卓球はしばらくいいや」という気になりませんか?


あまりに根を詰めてやり過ぎると逆効果で
酷い場合は卓球が嫌いになったりします。(^^;;


私の場合は身体のあちこちが痛くなったり、
疲れが溜まって取れなくなったりします。


つい夢中になってやり過ぎてしまう結果ですね。


そうなると、仕事や日常生活に支障をきたす
ことになりかねません。ちょっと大袈裟ですが。(笑)


故障があったり疲れがたまった状態では、
試合や練習で良いパフォーマンスが出来ません。


だからそんな時は、思い切って休むのです。(^^)v


不思議なことに、しばらくすると、
また卓球がやりたくてたまらなくなります。


やはり根っこでは「卓球が好き」なのです。(#^^#)


試合もやり過ぎるとお腹いっぱいになりますが、
ちょっと間が空いているとまたやりたくなります。


試合は練習の成果を発表する場であり、
自分の今の実力を「試す」場でもあるのです。


人それぞれだとは思いますが、
試合前は少し卓球から距離を置くのも良いです。


試合に飢える、ハングリーな状態を作り出すのです。


試合直前は自分の調子を整える練習をして、
「こうやって戦う」という基本の作戦を立てます。(^^)v


リオ五輪で個人で銅メダルを獲得した水谷選手も、
テレビで同じようなことを言っていましたね。


「どれくらい練習しているのですか?」

「一日、6~7時間くらいです。
嫌いにならない程度に沢山やるのがいいと思います」

と。


なるほどなぁと思いました。(#^^#)


人間の調子は全て波のようなリズムがあると
私は思っています。


良い状態も長く続かないし、悪い状態もずっと
そのままということは決してありません。


必ず良くなったり悪くなったりを繰り返しているのです。


だとしたら、その波を上手くコントロールして、
試合の時にピークを持ってこれないかという考え方です。


なにせ、お腹が空いている状態なので、
どんな試合内容でも美味しく感じられることでしょう。(笑)


積極的に行こうという明るい気持ちになりますし、
結果もおのずとついてきます。


なにより試合後の爽快感が少し違う気がします。


終わりが良いと、また次も頑張ろうという気になり、
これがまた良いサイクルを生んでいくのです。(^^)v


2016.11.08 10:10 | Comments(0) | Trackback(0)


コメント


タイトル :
名前 : URL :
お手数ですが、「確認」と入力して下さい。 :

トラックバック

トラックバックURL


<<2016年11月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント